特定調停 過払い金

特定調停後の利息

特定調停の結果、返済はどうなるのかは非常に気になるところではあります。返済面でメリットがなければ、特定調停をする意味がありませんので。

 

完済まで利息は発生しない可能性も

あくまでも交渉事ですので、完全に当てはまるというわけではありませんが、特定調停を行なうと、完済まで利息を支払わなくてもよくなる可能性があります。その場合、一般的には調停が成立してから分割返済が終わるまでの期間、新たな利息は発生しません。

 

特定調停の申し立てが受理され、その旨が貸金業者に通知されると、債権者が借金の返済を要求することは禁じられていますのが、その間も利息は発生します。
もちろん、特定調停の申し立て以前に発生している利息は、それが適正な利息である限りは支払う義務があります。とはいえ、調停成立後から分割返済が終わるまでの期間、利息が発生しないのはうれしいことです。

 

延滞したらどうなる?

基本的に、分割返済が終わるまでの期間は、延滞なくきちんと返済されることを前提としていますので、完済できれば特定調停の期間も完了します。

 

ただし延滞してしまうと、分割返済が終わるまでの期間が延びてしまうことになりますので、当然ながら新たな利息が発生してしまいます。

 

特定調停は他の債務整理である任意整理などとは異なり、利息が発生する可能性があります。利息をストップして余裕のある返済で借金を片付けたいのであれば、まずは任意整理方法の相談から進めると良いです。