特定調停 過払い金

家族や会社にばれない

裁判所にお世話になるなどというのは、たとえそれが民事事件だろうと刑事事件だろうと、誰しも周囲に知られたくありません。では、特定調停は他の人にばれる心配はないのでしょうか。

 

特定調停は官報に掲載されない

衆人環視のもとにさらされるのが最もばれやすいことで、債務整理に関しては「官報」が最もばれるリスクが高いです。官報は裁判所の掲示板に掲示されるもので、一般人の目にはあまり触れることはありませんが、それでも誰しもが普通に見ることができます。

 

自己破産をすると問答無用で官報に掲載されるのですが、特定調停では官報に掲載されることはありませんので安心してください。

 

競売も関係ない

自己破産などをすると、持っている不動産は処分しなければなりませんので、裁判所経由で処分する「競売」(けいばい)を行います。競売をすると、新聞に「競売物件」として掲載され、その専門業者が周囲に聞き込みをすることもありますのでばれる可能性が高いです。

 

しかし特定調停では、不動産までは処分命令が出ませんので、不動産を処分するにしてもあくまでも任意。ばれることはありません。

 

ただし、特定調停の日を知らせる郵便が届くので、それをうっかり誰かに見られれば、ばれる可能性はあります。

 

内緒で進めたい場合には自分一人で特定調停を行うのではなく、専門家の力を借りておくとよいです。よく分からない方も相談自体は無料で行えるので、借金問題の相談は払えない借金の相談先情報を見ておき、進め方を知っておきましょう。